多重債務に陥る原因

多重債務に陥る原因は、以前は無計画な買い物や、ギャンブルにはまって
しまって、と言うのが多かったのですが、最近はこれ以外に、中高年層の
多重債務も増えています。これは、不況の影響ではないかと思われます。
バブル崩壊後の影響で、リストラや倒産、失業による収入の減少もまた、
多重債務の増加に拍車をかけているようなのです。

また、これを狙って、悪質な貸付を行うサラ金会社の増加もあります。
多重債務を解消するため、自己破産などの手続きを行うと、その情報が
官報に掲載されることになります。官報の個人情報をなんらかの方法で
手に入れ、そうした人たちにDMを送ります。多重債務者、自己破産者OK
どなたにでも融資します、という宣伝文句で貸付の案内をするのです。

こうした悪質なヤミ金に手を出してしまい、せっかく借金の整理を
行ったのに、また借り入れをしてしまうというケースも少なくありません。
突然のリストラで職を失い、住宅ローンが払えなくなった、という
ケースでも、何らかの解決策が見出せるはずです。それを、安易な
気持ちで消費者金融に手を出してしまう、というのが多重債務に
つながるものなのです。

この他にも、ギャンブル依存症により多重債務に陥るケースが多い
ようですが、こうした人たちは、やはり、自己抑制が効かない、
つまり、意志が弱いことがあるでしょう。自らを制する、強い意志を
持つことが大事ですがどうしてもそれが出来ない場合、サラ金に救いを
求めるのではなく、カウンセリングなどの方法に助けを求めることです。

当サイト人気コンテンツ

■ 債務を減らす道標
■ 相談先はどこ?
■ 解消法はおまとめローン
■ 解決の為の法的手段
■ 任意整理による解決

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.