多重債務を防ぐために

多重債務に陥る原因は、生活苦・収入源、負債の返済(保証以外)
保証債務・第三者の債務肩代わり病気・医療費、事業資金、失業・転職
などが主なものです。また破産申立者の年代構成をみると30歳代〜50歳代
が最近は増えています。しかし、いくら借りたら多重債務になるのか、
という明確な基準はありません。

個人の返済能力によって多重債務の基準みたいなものは変ってきますが、
勿論、借入額が増えても、毎月、無理の無い範囲で少しずつでも返済が
出来るのなら、いつかは借金は完済できるものです。しかし、大抵は、
借りているうちに、いつの間にか多重債務になってしまっていたと
気付くことになります。

要は、毎月の返済が出来なくなってしまい、つい、他の消費者金融から
借りてしまうとか、それだけでなく、友人などから借金をする、
と言うことになってしまうと、多重債務に陥る危険性が現れ始めるのだ、
ということを頭に入れるべきでしょう。実際、なかなか自覚するのは
難しいですが、借金を返すのが難しい、と感じ始めたら、すぐに対策を
講じるべきです。

また、病気、ケガによる入院で、高額の医療費がかかってしまったと
言う場合に一社だけの借り入れではまかなえず、数社から借り入れを
してしまう、というケースも危険です。こうした、急な高額出費に備えて
保険や積み立てなどを行っておく、という普段の貯えを持っておくのも
大切なことでしょう。

[PR]佐渡島の最新の医師求人を見つけませんか!?

当サイト人気コンテンツ

■ 債務を減らす道標
■ 相談先はどこ?
■ 解消法はおまとめローン
■ 解決の為の法的手段
■ 任意整理による解決

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.