任意整理による多重債務の解決

多重債務を解決するのに、いくつかの法的手段がありますが、裁判所などを
通した法的解決法の他に、弁護士、司法書士を通し、自分の力で多重債務
の負担を減らす方法もあります。これが、任意整理です。最近は、
弁護士事務所などでも、こうした多重債務への対処でいろいろと相談に
応じてくれるところが増えています。

借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく
手続きを、債権者に対して直接行うわけですが、通常、債権者はこうした
交渉に応じる義務はありません。そこで弁護士などを介して手続きを
進めるわけです。家族に、借金があることを知られたくない、と言う
場合にこの方法が向いていますし、会社などに知られることもありません。

官報や市町村役場の破産者名簿に自分の名前が載ることもありませんし、
法律的に、債権者は取り立て行為ができなくなります。このように、
いろいろとメリットがあるわけですが、具体的には、借金が完全になくなる、
というわけではありません。少しでも負担を減らしたい、というときに
任意整理の手段を検討してみることでしょう。

民間の消費者金融を長く利用しているなら、過払い請求である程度の
金額が戻る可能性があります。中には、10年以上5社からの借り入れの
返済を行っていた人が、過払い請求をすることで80万物お金が戻った、
と言う例もあります。ただし、これ以降、5〜7年は新規に
クレジットカードなどを作ることが難しくなります。

当サイト人気コンテンツ

■ 債務を減らす道標
■ 相談先はどこ?
■ 解消法はおまとめローン
■ 解決の為の法的手段
■ 任意整理による解決

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.