特定調停による債務整理

多重債務を行う手段の一つに、特定調停があります。平成12年2月から
施行された新しい債務整理手続でまだあまり浸透していないようですが、
知っておくべきでしょう。これは簡易裁判所を通して負債を減らす手続で、
支払不能には至っていないが、このままだといずれ行き詰ってしまうという
ような状況にある債務者に対し負担を軽減し返済しやすくさせる方法です。

同じような手続きに、任意整理がありますが、任意整理は弁護士などを
通して自分で行う手続きですが、これに対し、特定調停は裁判所が債権者と
債務者の間に入って債務整理案を作成することになります。ここで知って
おくべきなのは、特定調停利用の目安は任意整理と同様に利息制限法で
引き直しをした後の債務を3年以内に返済できるかどうか、ということです。

もしも調停成立後に支払い不能に陥ってしまった場合債権者は訴訟を経ずに、
直ちにこの調停調書に基づいて給与の差押え等の強制執行手続ができること
になるのです。このため、負担が軽減されるとは言え、三年以内にちゃんと
返済が出来るかどうか、毎月の返済額も含めて、綿密に返済計画を立てる
必要があります。

また、ブラックリストに載ってしまいますし、任意整理と違い、裁判所などの
手続きは自分で行う必要があり、何度も裁判所に足を運ぶ必要があります。
このため、仕事が忙しくて時間が取れない、と言う人には不向きでしょう。
さらに特定調停では過払金の回収まではできませんので別途、不当利得返還
請求訴訟を提起する必要があります。

当サイト人気コンテンツ

■ 債務を減らす道標
■ 相談先はどこ?
■ 解消法はおまとめローン
■ 解決の為の法的手段
■ 任意整理による解決

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.