多重債務にならない為に

多重債務にならないためには、まず無計画に返す当ての無い借金は
しないことです。毎月の返済額が、月収の2割を超えると返済は難しく
なると言われています。また、返済が厳しくなったからと言って、
返済のための借り入れは絶対にしないことです。この他、知人・友人に
頼まれても安易に連帯保証人にならない。安易にクレジットカードでの
高価な買い物をしない、などの心がけが大切です。

どうしても金を借りる必要はあるとき、簡単に借りれるからと言って、
すぐに民間の消費者金融には手を出さないことです。他に公的機関
からでも借り入れが出来るところはいくつかあります。低所得の人や、
高齢者は金利が低い「生活福祉資金」が利用できる場合もありますので、
社会福祉協議会へ問合せてみると良いでしょう。

消費者金融からの借り入れを行う時は、契約・規約・約款などをよく
確認することです。利用方法、支払方法など契約や個人信用情報に
関する重要なことも書かれているのでしっかり眼を通しておきましょう。
さらに、利用明細もその都度確認し、利用金額をいつでも把握して
おく必要があります。

借金の返済が、毎月の収入でまかなえ、これ以上借りる必要も無いなら、
当面は多重債務に陥る危険はありません。しかし、将来何が起こるか
わかりません。現在の自分の生活レベルを見直し、できるだけ早く完済
するように心がけるべきです。カードのキャッシングで借金を返す、
と言う状態になれば、多重債務の危険性が大きくなります。早めに
弁護士などに相談した方が良いでしょう。

当サイト人気コンテンツ

■ 債務を減らす道標
■ 相談先はどこ?
■ 解消法はおまとめローン
■ 解決の為の法的手段
■ 任意整理による解決

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.