薬剤師のミス

薬剤師のミスといえば、調剤のミスということが、想定できますが、もちろん、これは、あってはならない事ですし、人命にかかわる問題でもありますので、あってはならない事です。 しかしながら、やはり毎日同じ作業を行い、きちんと行ったつもりでも、やはり人間ですから、時としてミスを招いてしまう場合もあります。

そんな調剤におけるミスを防ぐために、まず存在するのが、『監査』となり、監査を行う事により、ミスは防げる事は言うまでもありませんが、監査を怠ると、当然ミスを犯してしまう、という事もありえますから、薬剤師にとっての監査は非常に重要な任務のひとつといえるでしょう。

こうした、調剤におけるミスは、実は、事実起こっており、数年前にも一度調剤ミスにより一人の女性が亡くなっています。 またこのケースの場合は、薬剤師が2名書類送検されました。

この事件は、薬剤師が、胃酸中和剤を調剤すべきところが、他の薬剤を調剤してしまい、おこったミスとなり、管理薬剤師も調剤ミスの報告を受けていながら、服用中止の指示を促さず、尚且つ薬剤の回収もしないため、このような事故が起きたという事になります。 もちろん、このケースは、この調剤ミスにより被害女性が死亡に至るケースとなりますから、事故ではなく『事件』という事になります。

こうした調剤におけるミスにより、実際失わなくてもよい命を失わせた責任は重大で、この場合のケースは、薬剤師2名が書類送検されたという事になります。 この、事件による原因は、調剤管理ソフトというものに、胃酸中和剤を登録するとき、『誤入力』をしたもの、となり尚且つ、管理薬剤師は、その『失態を叱責されるのが嫌だから』というものでした。

更に、この事件におきた薬局経営者は、県名は、ここでは省略いたしますが、薬剤師会の会長をという肩書を持つ人物だったのですが、薬局にくるお客様を待たせる事が嫌なため、部下、薬剤師に薬の中身を確認させなかったということです。 要するに、この経営者自ら、薬剤師会の会長であるという肩書を持ちながら『監査』を怠っていたという事が事件の発端となり得る事件なのです。

薬局開設者としては、あるまじき傲慢さ、薬剤師としての根本を忘れてしまった結果、引き起こした事件とも言える事件内容であり、それにより一人の人命が失われた事となりますから、薬剤師の資格を持ち、薬剤師として調剤における仕事に携わっている薬剤師のみなさんは、このような、あってはならないミスを犯さないように心がけていただきたいと思います。 あと余談ですが離島での薬剤師求人情報もチェックしてください。


サイトMENU

Copyright (C) 2007-2014 多重債務 総合情報. All Rights Reserved.